シングルパパの育児と絵本とクラウドと

シングルパパ10年以上の経験に基づいたちょっとした育児と家事やガジェットノウハウで日々の生活に潤いを

*

今は明るく前向きにいけません・・・

      2014/02/16

この記事の所要時間: 212

お久しぶりです。

前回の一時中断の記事にはたくさんのコメントありがとうございました。 うれしくて、うれしくて言葉に表せません。

なのに、このブログで、こんなことを書いてしまうのはいけないことなのだろうと思います。

いつも、前向きで明るく振舞っていた僕ですが、今回だけはとても辛いのです。 一人で悩んでいると、胸が苦しくなって、頭がガンガンと痛くなるのです。

みなさんの助言や知識に、今回は、すがらせてください。

今、僕がブログを中断して何をしているのかを書きます。

これまで、妻のことはブログには書かないようにしてきました。

少しだけ今回は話をさせてください。

僕がシングルパパになった理由。

簡単に書くと、妻が男を作り、子供を置いて出て行ったのです。

僕に甲斐性がなかったんでしょう。

妻が出て行って約1年半、現在のように子供3人と僕の4人で暮らしています。

半年ほど前に妻が突然、離婚調停を申し立ててきました。

離婚をしたいと・・・。

もちろん、また一緒に暮らせるはずもないので、離婚には同意しました。

しかし、子供の親権までよこせ、というものですから、それは出来ないと、こちらの言い分をいい、

結局、親権問題だけで調停は不調で終了。

そして今回、また、妻から裁判を訴えられました。

もちろん、親権をよこせとの訴えです。

このために、僕は今月中に裁判に提出する資料を山ほど用意しなくてはなりません。

子供は誰一人とて渡すわけには行かないのです。

長男は、転校し、新しい小学校にも慣れ、ソフトボールのチームにも入部しました。

毎日楽しそうに練習に行ってます。

次男と長女は引っ越した先で保育園に通いだし、たくさんの友達も出来ました。

毎日僕が保育園の送り迎えをしています。

仕事も、子供中心にするために環境を変え、一日に数時間しか仕事をしていません。

あとは、家事や育児に重点を置いてます。

それなのに今更子供を手放せません。

世間では子供が小さいと、母親が親権を取ってしまう傾向が強いといわれています。

弁護士にも相談しましたが、やはり同じことを言われました。

今回の裁判は僕と子供たちの将来を決める人生最大の勝負なのです。

もし、僕がこの裁判で負けると、もう生きていく意味を失ってしまいそうです。

この記事を読まれた方で、いい事例や、こうしたほうがいいよという

助言などありましたら、どんな些細なことでも結構です。

コメントください。

来月、出来るだけ完全武装をして闘いに行きます。

もちろん、弁護士にも同行してもらう予定です。

何卒、皆様、よろしくお願いいたします。

ヤフーブログの過去記事より転載

Related Articles:

ブログを書いてる人 宮原礼智(みやはら あやとも)

プロフィールはこちら

子育て・絵本・ワークショップ・Evernote・ScanSnapなど各種イベントの講師をやっております。

宮原礼智への連絡・お問い合わせはコチラまで

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

 - 過去記事

  関連記事

シングルパパにとっての母の日
この記事の所要時間: 056

子供が早く寝てくれたので、今日は久々にゆっくりビールを飲みながらパソコンに向かってます。

連休からずっと怒濤のように忙しく、ブログのことすら忘れていました

先日は母の日でしたね。

次男とはぁ~ちゃんの保育園では、お母さんへのプレゼントを用意したようです。

保育園に行くと、次男の教室の壁には、みんなが描いたお母さんの絵が貼り出されていました。

次男はどんな絵を描いてるのかとドキドキしながら探していると・・・ありました!

子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパのカミングアウト!

次男が描いた絵です。

先生が言うには「僕はお母さんがいないから、お父さんの絵を描く!」と言ったそうです。

涙があふれてきました。

娘は折り紙で作ったペンダント。

「これは愛ちゃんにあげる」
(愛ちゃんとはパパの妹です)

娘も2歳なりにいろんなことがわかってるコメントでした。

妹もうれしそうに受け取ってくれました。

次男の描いてくれた絵は、今パパの仕事部屋の壁、一番の特等席に貼ってあります。

P.S 愛する子供達、ごめんね。ありがとう。パパにとって一生忘れられない母の日になったよ。

急な地震が来た時に子どもは・・・。
はぁ~ちゃんの熱が!
この記事の所要時間: 045

家に娘を連れて帰ったら、すぐにぐっすりと寝ちゃいました。

目が覚めると、「苺が食べた~い」というので、ご用聞きの三河屋の三平ちゃんに頼んで苺を入手しました。

うれしそうに食べてる娘を見て、ふと気づいたのですが、普段みなさん苺を食べるときにヘタはいつ取ります?

僕は苺を口に入れると同時にヘタを取ります。

しかし、娘は容器に入ったすべての苺のヘタを取ってから食べ出しました。

性格の問題なのかな? その行動が不思議で、とてもおかしくて、ずっと食べる様子を見てました。

おいしそうにパクパク食べてる娘を見て安心しました。

子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパのカミングアウト!

大丈夫です。

食欲はあります。

熱も順調に下がってるしね。

明日は保育園大丈夫なようだね。

コメント頂いたみなさんご心配おかけしました~。

P.S これっていわゆる知恵熱ってやつ? と思うパパでした。

no image
25歳、女!?
この記事の所要時間: 024

1980年生まれの25歳

某教育大学卒業後、昨年より某小学校の教員となり

このたび、この4年2組の担任となりました。

クラスのみんなと楽しい一年間を過ごせるよう

一生懸命がんばりま~っす♪

昨日、長男が学校から持って帰ってきた、プリントに書いてあった長男の担任の先生のあいさつ文です。

P.S.
早く来い来い、授業参観っ!!!
早く来い来い、家庭訪問っ!!!

no image
本日から鹿児島へ出張です
この記事の所要時間: 018

お仕事で鹿児島と宮崎に出張してきます。

子供たちは、おばあちゃんと妹が面倒見てくれるから安心です。

ごくまれな出張の機会なので、愛機kissちゃんを連れて風景なども撮影してみようと思ってます。

撮影したら、またブログにアップします。

P.S
子供達、おりこうさんにしてるんだよ~

no image
新しい担任の先生は・・・
この記事の所要時間: 028

今日から新学期の長男が学校から帰ってきた。

パパ「何組になった?」

長男「1組~」

パパ「先生は?」

長男「変わったよ」

パパ「そうか・・・で、なんて言う先生?」

長男「●●先生」

パパ「男?女?」

長男「おんなぁ~」

パパ「またおばちゃん先生か?」

長男「いいや、お父さんより多分ずっと若い先生だよ~」

パパ ピクッ!

パパ「ってことは20代?」

長男「うん、多分ね」

パパ ピクピクピクッ!

P.S 授業参観がとっても楽しみなパパなのです♪

no image
ねぇ、お茶しない?
この記事の所要時間: 040

眠れません・・・。

今更ながら、とある小説にハマって

子供を寝かしつけた後、読みふけってます。

これからどうなっていくんだろう?

上、中、下巻を一気に買って
今、中巻を読んでます。

本を読むのは大好きなんですが、普段はビジネス書なんかを読んでいます。

小説を読んだのは久しぶりです。
(古本屋で買った「ノルウェーの森」以来かな?ふるっ!)

この小説は今現在映画上映中で

映画も見たいのです!

だれか平日の昼間、一緒に見に行きませんか?

「ダヴィンチコード」

見た後、僕とコーヒーでも飲みながら映画の感想を語り合おうよ!

コーヒーくらいおごるよ。

さ、来るのか?
また今日も仕事しながらミクシーに張り付くぞ!笑

P.S.
小説の続きが気になるぅ~!!!

no image
明日から昼ごはん、どうしよう。
この記事の所要時間: 032

明日から長男は夏休み。

去年もそうでしたが、夏休みになると

我が家は子供達のたまり場になっちゃいます。

去年は朝から夕方まで友達数人が入り浸っていたので

お昼ごはんなども用意してあげてました。

でも、その友達の親は何も言ってこなかったんだよね・・・。

お礼の一言ぐらい言ってもいいんじゃない??

今年は「遊ぶなら宿題をして、お昼ご飯を食べてからおいで」

って言ってやる!!

普段、ランチだけは自分で用意せずに、外食&誰かを誘って食べてたけど、夏休みの間だけは唯一の楽しみランチタイムまでなくなってしまう・・・。

P.S.
子供達はみんないい子なんだけどね・・・。

ミクシーで再会。
この記事の所要時間: 110

このミクシーで、中学の時の友人と再会しました。

約20年ぶりの再会です。

おそらく、このミクシーをやっていなければ会うことなんて無かったんじゃないかな?

彼は現在、床屋さんを経営しています。

今日、その床屋さんに次男と娘を連れて行きました。

懐かしい友人です。

お互いの印象は、ちょっと体格がよくなった(笑)だけで

ほとんど変わってないぁ~って感じでした。

つもる話もしながら、まずは娘のカット

フォト

彼の奥さんが切ってくれました。

フォト

最後に可愛く髪の毛を結んでくれて、娘は大喜び!
(パパは、娘の髪を上手に結べません・・・。)

次に次男のカット。

フォト
次男はいつもスポーツ刈りです。
やっぱり男の子はスポーツ刈りだぁ!

そんで、最後に彼が僕の髪をカットしてくれて
奥さんが顔を剃ってくれました。

う~ん。久々の顔そりは気持ちがいい!!

床屋さんでいつも困るんですが、僕はなかなか上手く「こうやって、ああやって」ってカットの注文が出来ないんですよね。

だから、いつもおまかせでやってもらって、出来上がりに満足できない・・・。

友人が切ってくれると、すごく助かります。
おまかせだけど、満足する髪型にしてくれました♪

しかも、お友達価格でカットしてくれたしね♪

○木!今日はありがとう。

ミクシーにも感謝。

P.S.
またくるぞ~。時間作るから、今度はゆっくり飲みながら昔話しようや!

no image
手伝ってやるもんか。
この記事の所要時間: 120

「ただいまぁぁぁぁぁ」

尋常じゃないほど汗びっしょりになって、長男が帰ってきた。

学校の荷物を両手イッパイに持ち帰ってきたのです。

今日で一学期が終わり。

親に似たのでしょう。

終業式の数日前からちょっとずつ持ち帰ればいいのに、めんどくさがって

結局、最終日にくそ暑い中、両手イッパイに荷物を抱え、汗ダラダラの羽目になるのです。

そして、案の定、ランドセルの中には薄いビニールの中に入ったドス黒い物体が数個。

なんだと思います?

そう、カビだらけのパンなのです。

学校で捨てると、周りから何を言われるかわかりません。

だから、教科書を出し入れするたびに、机の奥に追いやられグシャリと潰れた、

今にも悪臭を放ちそうなその放射性廃棄物を

こっそりとランドセルに入れ、家で廃棄処分するのです。

パパもまったく同じ経験を持っているのでよくわかります。

パパは小学校の頃「夏休みの友」(宿題帳)をやったことがありません。

夏休みの宿題は、唯一、工作しかしませんでした。

最近は、子供の夏休みの宿題を手伝う親が多いそうですが、

パパも親に手伝ってもらったことがありませんし、長男のそれを手伝うつもりもありません。

やらないならやらないで、堂々と夏休みを楽しめばいいのです。

もし、夏休みの最後にアタフタしても、それは自業自得です。

宿題をやらず、夏休みを過ごした責任は子供にあります。

やらなかったら、ちゃんと先生に怒られればいいのです。

P.S
でも、そんなところはパパに似なくていいから、ちゃんと宿題やれよ~