シングルパパの育児と絵本とクラウドと

シングルパパ10年以上の経験に基づいたちょっとした育児と家事やガジェットノウハウで日々の生活に潤いを

*

素敵な親子

      2014/02/16

この記事の所要時間: 044

今日の午後、同じマンションの男の子が自転車を見つめながらエントランスに立っていました。

「オッス、どうした?」

と聞くと

「自転車のチェーンが外れた」と。

僕が修理してあげると

「ありがとうございました」

と言ってその自転車に乗って遊びに行きました。

その夕方、男の子のお母さんが、わざわざお礼の電話をしてきてくれました。

「息子の自転車を修理してくれたそうで、助かりました、ありがとうございました」って。

僕にとっては自転車のチェーンを修理することぐらい簡単なこと。

そんなことより、ちゃんと、お母さんに報告する男の子と、

わざわざ、お礼を言ってくるお母さんにとても感動しました。

その親子のおかげで、今日はとってもいい気分になりました。

P.S. うちの子供達もそう育てたいし、そう育ってくれるといいな。

ヤフーブログの過去記事より転載

Related Articles:

ブログを書いてる人 宮原礼智(みやはら あやとも)

プロフィールはこちら

子育て・絵本・ワークショップ・Evernote・ScanSnapなど各種イベントの講師をやっております。

宮原礼智への連絡・お問い合わせはコチラまで

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

 - 過去記事

  関連記事

思いたったら、すぐ遊びに行こう
この記事の所要時間: 149

「なんで兄ちゃんは休みなのに、僕は休みじゃないの?」

昨日の朝、次男と娘の保育園に行く準備をしていたら次男が聞いてきました。

「君もお休みしたいの?」

「うん」

「休んで何するの?」

「お父さんとお出かけする」

「どこに?」

「動物園」

「・・・・。」

「よし!今日は保育園休んでみんなで遊びに行こう!」

早速保育園にお休みの連絡を入れ、着替えて車に乗り込む。

次男と娘は半分保育園に行く気持ちだったので、驚いている。

長男は、突然のパパの提案に大はしゃぎ。

仕事?

パパは自営業、20日に今月の仕事は一応締めたので、今日一日ぐらい仕事さぼっちゃえ!

そんな勢いで家を出る。

高速のインターに入ると、長男が

「動物園に行くのに、高速に乗るの?」

ふふふ・・・。子供達、動物園よりもっと楽しいところに連れて行ってあげるよ。

高速道路で関門海峡を渡り、九州から本州へ突入、山口県へ

子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパのカミングアウト!

家から約2時間半、着いたところは秋芳洞(鍾乳洞)です。

子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパのカミングアウト!

さすが夏休みとはいえ平日の午前中、観光客はほとんど見あたりません。

外は暑いが、鍾乳洞の中はとっても涼しい~

子供達はドキドキしながら洞窟の奥へ奥へ

ほとんどこの自然が作り出した、壮大な洞窟の中貸し切り状態。

声も響き渡る。

約一時間ほど洞窟を見た後、昼食。

昼食は名物カッパそば。

おいしぃ~

食事中に次男が「動物園にいくんじゃ無かったの?」

ふふふ。メインイベントはこれからだよ子供達!

鍾乳洞から車で約30分

最終目的地は秋吉台サファリランド

子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパのカミングアウト!

バスに乗って動物たちが目の前に来て餌をあげる

「すげぇ~。虎がこっちに来たよ!」

子供達、喜ぶ喜ぶ。

一回りした後、動物たちのふれあいコーナーへ

子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパのカミングアウト!

虎の赤ちゃんと戯れる子供達。

虎の赤ちゃんって「ニャー」って啼くんですね、「ぎゃお」ぐらいは啼くかなと思っていたのですがね。

子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパのカミングアウト!

ウサギを抱く娘

そんなこんなで、子供達みんな突然の夏休みに満足したようです。

帰りは3人とも車の中でぐっすりでした。

たまにはこんな思い切ったことするのもいいですよね?

P.S
さぁ~今日は昨日さぼった分、仕事がんばろ~っと。

心安らかに。
この記事の所要時間: 044

ここ何日か心騒がしく悩みこんだりして

眠れない日々が続いていました。

今日のお昼に、とある知り合いに会い、悩みを打ち明け

色んな相談に乗っていただきました。

その方の勧めで家から車で1時間ほどの雷山という山の中にある「<a href="http://www.sennyoji.or.jp/" target="_blank">千如寺 大悲王院</a>」という
お寺に行くよう薦められ、その足で一人車を走らせ行ってきました。
フォト
フォト
フォト

こちらの奥の本堂まで行き、境内を散策し、ご本尊を拝み、
住職のお経を聞いてきました。

庭園や重要文化財に指定されている仏像、般若心経などに心が洗われ、おかげさまで心安らかに落ち着くことが出来ました。

P.S.
たまにはこんな風に精神世界に触れるのもいいですね。

ザクロ屋師匠のお誕生日
この記事の所要時間: 048

今日、パパはとってもニンニク臭いのです。

昨日、公私共にお世話になっているザクロ屋師匠のお誕生日会に行ってきました。

子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパのカミングアウト!

(あ、誰かがこっちに走ってくる!)

韓国焼き肉屋さんのフロアを全て貸し切っての盛大なパーティーでした。

子供達もザクロ屋師匠とその仲間の家族と仲良しなので楽しそうに食べて飲んで騒いでました。

子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパのカミングアウト!

(我が娘、は~ちゃんはカメラ構えると、一目散に走ってきて、ポーズを決めてくれちゃいます(⌒-⌒)

肉ですが、そりゃぁもう「まいう~」でございます。

パパ達と飲みまくり、ママさん達と子育て談義を楽しみながら、とっても楽しい一日でした。

P.S
子供達にはお菓子のおみやげも頂いてしまいました。
ちなみに、今日の写真は携帯写真です。

出張兼ねての撮影旅行は結局、仕事が大忙しで、高速道路の移動だけで終わり、せっかくの桜島なんかも夜しか見ることが出来ませんでした。

no image
親権がらみの離婚裁判でやらなければいけないこと。
この記事の所要時間: 117

男を作って出て行った妻から調停を申し立てられ、不調に終わり、次は裁判に訴えてきた。

いよいよ、本格的に離婚裁判に突入。

お互い離婚には合意しているものの、子供に関しては両方譲らない。

現在子供3人は私が約1年半育てている。

そして
今月中に資料をそろえて、裁判所に提出しなければならない。

1 監護親の生活状況

 1)生活歴(学歴、職歴、病歴、家庭生活や社会生活における主な出来事等)
 
 2)職業、勤務先、勤務時間及び仕事の内容等

 3)平日及び休日の生活スケジュール

 4)健康状況

 5)同居家族とその状況(氏名、年齢、職業)

 6)住居の間取り

2 経済状況

 1)収入(源泉徴収票、確定申告書など)

 2)特記事項

3 子の生活状況

 1)子の生活歴及び監護状況(監護補助体制も含む)

 2)子の発育状況及び健康状況

 3)子の通う保育園、幼稚園及び小学校の名称、所在地、連絡先及び連絡担当者の氏名等

 4)保育園、幼稚園及び小学校への出欠状況(連絡帳や通知表など)

 5)紛争に対する子の認識の程度

 6)非監護親との交流の状況

4 子の監護方針

 1)今後の監護方針
 
 2)親権者となった場合の監護状況の変更の有無及びその具体的内容

 3)親権者となった場合の非親権者と子の交流についての意向

5 その他参考となる事項

これだけの資料を子供を育て仕事をしながら、約2週間でやらねばならない。

その他妻の不貞の証拠なども提出しなければならない。

経験者の方、法律の知識がある方

いい知恵あればおしえてください。

no image
手伝ってやるもんか。
この記事の所要時間: 120

「ただいまぁぁぁぁぁ」

尋常じゃないほど汗びっしょりになって、長男が帰ってきた。

学校の荷物を両手イッパイに持ち帰ってきたのです。

今日で一学期が終わり。

親に似たのでしょう。

終業式の数日前からちょっとずつ持ち帰ればいいのに、めんどくさがって

結局、最終日にくそ暑い中、両手イッパイに荷物を抱え、汗ダラダラの羽目になるのです。

そして、案の定、ランドセルの中には薄いビニールの中に入ったドス黒い物体が数個。

なんだと思います?

そう、カビだらけのパンなのです。

学校で捨てると、周りから何を言われるかわかりません。

だから、教科書を出し入れするたびに、机の奥に追いやられグシャリと潰れた、

今にも悪臭を放ちそうなその放射性廃棄物を

こっそりとランドセルに入れ、家で廃棄処分するのです。

パパもまったく同じ経験を持っているのでよくわかります。

パパは小学校の頃「夏休みの友」(宿題帳)をやったことがありません。

夏休みの宿題は、唯一、工作しかしませんでした。

最近は、子供の夏休みの宿題を手伝う親が多いそうですが、

パパも親に手伝ってもらったことがありませんし、長男のそれを手伝うつもりもありません。

やらないならやらないで、堂々と夏休みを楽しめばいいのです。

もし、夏休みの最後にアタフタしても、それは自業自得です。

宿題をやらず、夏休みを過ごした責任は子供にあります。

やらなかったら、ちゃんと先生に怒られればいいのです。

P.S
でも、そんなところはパパに似なくていいから、ちゃんと宿題やれよ~

no image
パパの本棚
この記事の所要時間: 027

本は大好きです。

暇なときは子供達と一緒に近所の図書館に行きます。

図書館には絵本や紙芝居、CDやビデオ、DVDまで置いてあって全部タダ!

図書館の匂いとか、雰囲気も大好きです。

僕の本棚には小説からビジネス書などバラバラな順番で詰め込まれていましたが

先日の地震で棚が倒れたついでにきちんと並べ替えました。

おかげでまた、本を読む暇をつくろう!と心に決めました。

ブログにも読書日記をつけていこう!

P.S 本は心の栄養です。

no image
自宅兼事務所の模様替え
頑張ったんだからね。
この記事の所要時間: 19

今日は顔と腕がカッカ、ヒリヒリしてます。

長男の校区のソフトボール大会がありました。

この日のために練習を重ねてきました。

子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパのカミングアウト!

1回戦、2回戦と順調に勝ち進み、いよいよ決勝です。

優勝すると博多区の大会出場です。

もちろん相手チームも決勝まで残ってきた強豪チームです。

簡単には勝たせてくれません。

カミングアウト!” width=”220″ height=”193″ border=”0″ />
子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパのカミングアウト!

長男もなかなか打てません。

先取点を相手に取られた途端、流れが動きました。

エラーが頻発。相手チームにおもしろいように点数が入っていきました。

結果は6-0で敗退です。

惜しくも準優勝でした。

ゲームセットになった途端、チームの子達の顔がぐしゃぐしゃになってました。

この悔しさは子供達の成長の肥やしになるでしょう。

パパみっくんも他の子のお父さんお母さんもボロボロです。

夏休み前に子供達の暑い夏が一端終わりました。

大会終了後、公民館で子供達と打ち上げ。

子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパの



長男はみんなの前で来年の大会の目標として

「今年で引退する6年生の分も頑張って来年は優勝します」

と言いました。

夏休みからは新しいクラブチームに長男は入部します。

今年、2度目の熱い夏が始まります。


P.S
うわぁ~。夏休み・・・。パパも大変だぁ~!
</p>
<div class=

no image
最悪です。悪夢です。
また泣いてしまいました・・・。
この記事の所要時間: 334

最近パパは涙もろくなったようです。

パパがシングルパパになる前は長男はソフトボールのクラブチームに所属していました。

幼稚園の頃から野球が大好きで、小学校に入ったらクラブチームに入りたい!と言っており、

小学校入学してスグに入団したのです。

いつの間にか、パパもそのチームのコーチに就任していました。

毎週毎週、練習と試合の日々でした。

長男も野球が心底好きなので、メキメキと上達していきました。

しかし、2年生の3学期、パパは突然シングルパパとなり、

長男も、転校を余儀なくされました。

クラブチームももちろん辞めることになりました。

新しい小学校にも、ソフトボールチームはあります。

しかし、当番やら、車出しなどで、頻繁に親が行かなくてはなりません。

シングルパパになる前はパパが常に一緒にいたので問題ありませんでした。

が、シングルパパになった今はパパには、下二人がいるので、ムリなのです。

転校してから、長男も心の中ではずっとやりたかったのだと思います。

でも、パパに気を遣って、「もうソフトはしたくない」と言ってました。

そして今回、小学校区で年に1度ある町内対抗ソフトボール大会のメンバー募集

が回覧板で回ってきました。

長男に「年に一度だから、出てみるか?」と聞くと

「うん、出る!」うれしそうに笑ってくれました。

さっそく、申し込みをし、説明会も子供3人連れで近所の公民館まで行き

ユニフォームももらいました。

そして、今日が練習初日でした。

子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパのカミングアウト!

下のチビ2人は、おばあちゃんが預かってくれて、パパも

朝から長男と一緒に練習に行きました。

メンバー総勢13名 決して多いチームではありません。

キャッチボールの相手が一人足りず、パパが入って他の子とやりました。

もうこの瞬間からパパ、涙があふれそうでした。

隣では長男が他の子供と一緒に楽しそうにユニフォームを着て、キャッチボールをしてます。

こんなことはもう二度とないと思ってました。

チームのほとんどは、クラブチームに所属している子です。

4年5年6年と、うまい連中が揃ってます。

おそらく、長男は約1年のブランクがあるのでレギュラーはムリでしょう。

キャッチボールが終わり、子供達全員の能力を見るために監督が練習をかねて
テストをやり出しました。

ノック、ベースラン、遠投などなど。

そして、練習試合が始まり、ポジションを監督が言い始めました。

ファースト・セカンド・ショート・・・・

もちろん息子はムリでしょう。

キャッチャーまでメンバーを言ったあと、最後にピッチャーの子が呼ばれます。

え!!!!

今なんて言った?監督?

うちの子がピッチャー?!

子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパのカミングアウト!

なんと、うちの子がピッチャーです。

そりゃ、クラブチームにいたときは二軍でピッチャーもやってました。

でも、練習試合が始まって、監督にコソコソとアドバイスをもらうと

息子は普通に投げ出したのです。

決して速い球ではありません。

しかし、バッターのタイミングが合わせづらいのか、ゴロや三振を取っていきます。

それが、長男にとって楽しいのでしょう。

とってもいい顔をして投げてます。

親ばかといわれるかもしれません。

でも、本当にいい顔をしてるんです。うれしくてたまらないって顔を。

いままで、長男は本当に我慢していたんだと思いました。

長男が投げている間ずっと涙が止まりませんでした。

練習試合は終了(勝ちました!)し、長男が泣いている僕のところに来て一言

「クラブチームに入りたい」

そういいました。

試合中にクラブチームの子のお父さんが長男を誘ったらしいのです。

パパは後先考えずにうれしくなって「よし、入れ!」

と言いました。

もう、「ダメだ」とは言えませんでした。

っていうか、こう言ってくるのは予想し、覚悟もしていました。

そのまま長男は体験入部の申し込みをお願いしていました。

練習から帰ってきて、風呂に入って食事を済ませると

長男は疲れたのでしょう、ソッコーで寝ちゃいました。

来週から、町内とクラブチーム両方に長男は出ることになりました。

全くこの先どうなるのか予想できませんが、「なんとかなる」という気持ちで

精一杯長男を応援していくつもりです。

P.S
次男とはぁ~ちゃんも、あんちゃんの為に協力してね。