シングルパパの育児と絵本とクラウドと

シングルパパ10年以上の経験に基づいたちょっとした育児と家事やガジェットノウハウで日々の生活に潤いを

*

ランクイン!

      2014/02/16

この記事の所要時間: 032

もう、びっくりするやら、恥ずかしいやら、嬉しいやらのパパみっくんです。

本日、いつもこのブログに来ていただいてる、あなたのおかげで

ヤフーブログランキングにランクインしました!!!!

週間ランキングの総合で93位です。

ランキングに入るなんて、とっても嬉しいです♪

こんな、子連れの寂しいおっさんを今まで応援してくれたあなた!

ありがとう。本当にありがとう!<(_ _)>

これからも頑張って子育てして、記事も更新していきますので

応援してくださいね♪

P.S. ミシン、早くも挫折しそうな予感が・・・。

ヤフーブログの過去記事より転載

Related Articles:

ブログを書いてる人 宮原礼智(みやはら あやとも)

プロフィールはこちら

子育て・絵本・ワークショップ・Evernote・ScanSnapなど各種イベントの講師をやっております。

宮原礼智への連絡・お問い合わせはコチラまで

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

 - 過去記事

  関連記事

no image
レーサーの福田良君と飲みました。
この記事の所要時間: 033

先日、僕の師匠であるザクロ屋公ちゃんに誘われて久々に子供を妹に預けて飲みに行きました。
そこにはなんとあの、福田良さんがいるではありませんか!

僕は、息子2人ともF1レーサーから名前を付けたほどの大のF1ファン。

福田良君はF1のテストドライバーにもなり、今回フランスに行く(ルマンも走るそうです。)

師匠と、福田良君とは友達だそうで、今回その飲みの席に呼んで頂いたのです。感激です!

ありがとうございます。ザクロ屋師匠! 福田良君の彼女もとってもきれいな方でした。

P.S ごめんね子供達、あの日パパはF1レーサーと飲んでたよ。

こんなのアリ?!
この記事の所要時間: 036

今日はこどもの日です。

チビ達と近所の公園に行ってきました。

滑り台やブランコなどなどたくさんの遊びものがあるのですが、

このチビ達が興味を持ったのがアリンコなのであります。

子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパのカミングアウト!

アリの巣からたくさんのアリが出てきているのを発見し、棒でホジホジ・・・・

すると

デカ

でかいアリ現る

子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパのカミングアウト!

こげなアリば見たのはパパみっくんも小学校以来ばい

もう都会では見ることはないと思っていましたが、恐るべし、でかいアリの生命力

たくましくこのまま絶滅せずにいて欲しいものです。

チビどもはビビルかと思いきや捕まえまくっておりました。

P.S 子供達よ、このアリさんのようにたくましく育ってくれよ!

泡まみれで、ムフフ・・・。
娘が高熱!
この記事の所要時間: 047

午前中、商品撮影して、ブログを書きあげた後

子供たち(今日は台風でみんなお休み)にお昼ご飯の用意をしていたら

なぜか娘がぐったりとしている。

熱を計ると39.6度!

すぐさま、台風吹き荒れる中病院へ。

子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパのカミングアウト!

検査のため採血し、尿、レントゲンを撮り、点滴まで。

男は尿取るの簡単ですが、女の子は今回初めてで、どうすればいいか迷いましたが

なんとかとることができました。(手にかかりましたが・・・・)

子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパのカミングアウト!

点滴中ぐっすりと眠って、点滴が終わると38度まで熱は下がり、座薬を渡されたので

ベットでパパが座薬を入れました。

検査の結果は明日になるそうで、明日も娘は保育園お休みです。

特に心配ないようで安心しましたが、ホントにビビッちゃいました。

帰ってきて、今はパパの部屋でまたぐっすり眠ってます。

P.S.
採血も点滴もパパと約束したとおり、全然泣かなかったね。えらいぞ!

no image
小学校の家庭訪問 初体験
この記事の所要時間: 233

仕事と家事ががものすごく忙しかったです

パソコンの前にはいましたが、なかなか更新出来ませんでした

さて、先日、長男の家庭訪問がありました

うちのお隣が長男の同級生で、うちの前にそちらの訪問が先でした。

先生がお隣に来た途端、長男が「○○さんちに先生来たよ~」

それから、心臓はバクバク、部屋の中うろうろ、とても落ち着かない状態でした

お茶とお菓子を台所に準備し、部屋にゴミなど落ちてないか最終点検

ピンポーン

いらっしゃいました。

先生を僕の仕事部屋にお通しし、パパと長男は並んで先生とテーブルを挟んで向かい合わせに座りました。

緊張の一瞬、「あの~」

最初に声を出したのは先生

「担任の○○です。よろしくお願い致します」

「あ、あ、父親です。よろしくお願い致します。」
(なんじゃぁ~その挨拶わぁ!パパ心臓バクバク)

「先日授業参観にいらっしゃってましたよね?」と先生

「あ、はい伺いました」

「お父さんがいらっしゃってたのはお一人だけでしたからね。クスッ」
(ん?今のクスッってのはなに?)

「そうですね、お恥ずかしいです・・・」

「いえいえそんなことありませんよ」

・・・・・・と、つかみの会話は終わり本題へ

「息子の学校での様子はいかがですか?」
(ま、一発目はこの話題でしょ)

「とても元気に過ごしてますよ。休み時間はいつもドッチボールで人気者のようです」
(勉強よりもそっちが先か?)

「そうですか」

「お父さんは、なにか息子さんの気になるところなどはありますか?」

「先生、ご存じだと思いますが、うちはご覧のように父子家庭でして、去年の2学期途中にこちらの学校に転校してきました。

 前はよく友達が家に遊びに来たり、遊びに行ったりしてましたが、3年生になってから少し、遊びに行く回数が減ったような気がします。 

父子家庭というものが息子に対して変なプレッシャーなどになってないかというのが、今不安に思ってます。」

「あまり気になさってるような様子はありませんよ。ただ・・・」
(????ただ????)

「先日息子さん遠足の日におやすみしましたよね?クラス替えになって、大体初めての遠足で新しいクラスメイトと仲良くなるのですが、そこでちょっと一歩遅れてしまったのかもしれませんね」

「あ~、なるほど」

「それぐらいのことだと思いますよ」

「あ~わかりました」

・・・・・とあとは親子で野球馬鹿であるなどの話をし・・・・・

「では、よろしいですか?」

「はい、ありがとうございました」
(あ!!!!しまった!!!!!お茶菓子出してなかった!)

「す、すみません。お茶も出さずに・・・」

「いいえ、結構ですよ」

「どうもありがとうございました」

先生が玄関を閉めた直後・・・

「お父さん、バリバリ緊張しとったろ~?」と外に聞こえるような大声で息子

「あほか!大声でそんなこと言うな!先生に聞こえるやろ」

P.S 緊張しました。残念ながら(?)若い先生ではありませんでしたが、とても感じがいい優しそうな先生でホッとしました

微妙な天気ですが。
久々に警察沙汰!
頑張ったんだからね。
この記事の所要時間: 19

今日は顔と腕がカッカ、ヒリヒリしてます。

長男の校区のソフトボール大会がありました。

この日のために練習を重ねてきました。

子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパのカミングアウト!

1回戦、2回戦と順調に勝ち進み、いよいよ決勝です。

優勝すると博多区の大会出場です。

もちろん相手チームも決勝まで残ってきた強豪チームです。

簡単には勝たせてくれません。

カミングアウト!” width=”220″ height=”193″ border=”0″ />
子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパのカミングアウト!

長男もなかなか打てません。

先取点を相手に取られた途端、流れが動きました。

エラーが頻発。相手チームにおもしろいように点数が入っていきました。

結果は6-0で敗退です。

惜しくも準優勝でした。

ゲームセットになった途端、チームの子達の顔がぐしゃぐしゃになってました。

この悔しさは子供達の成長の肥やしになるでしょう。

パパみっくんも他の子のお父さんお母さんもボロボロです。

夏休み前に子供達の暑い夏が一端終わりました。

大会終了後、公民館で子供達と打ち上げ。

子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパの



長男はみんなの前で来年の大会の目標として

「今年で引退する6年生の分も頑張って来年は優勝します」

と言いました。

夏休みからは新しいクラブチームに長男は入部します。

今年、2度目の熱い夏が始まります。


P.S
うわぁ~。夏休み・・・。パパも大変だぁ~!
</p>
<div class=

no image
子供達に伝えました。
この記事の所要時間: 125

遅くなりましたが、メリークリスマス!!

あなたは素敵なクリスマスを過ごしましたか?

僕は、クリスマスイブイブから高熱にうなされていました・・・。

さて、まずは前回の記事でご意見いただきました件のご報告から。

裁判所に行った日の夜、子供達とお風呂に入りながら話をしました。

その日、村上里佳子や内田有紀のニュースが流れまくってたので、長男は離婚という言葉に

びっくりはしませんでした。

「そうかぁ。でも、離婚したからって今と何も変わらないんでしょ?」

長男が聞いてきた。

「何も変わらないよ。今のままだ」

そう言いました。

長男は納得してくれたようです。うすうすはわかってたような対応でした。

次男は、「お父さんはまた結婚するの?」

「しないよ。今と何も変わらないよ」

次男も離婚という言葉の意味をわかっているようです。

その離婚のことで、裁判所から調査官というのが家に来て、君たちとお話しするということも伝えました。

特に子供達は気にすることもない様子に安心しました。

子供達にとってもうお母さんという存在は過去のものになってるのでしょうか?

娘はやはり、何もわかってないようです。

翌日にはすっかり何ともなかったように学校と保育園に行きました。

そして、小学校と保育園の先生に調査員の話をしました。

慣れてるんでしょうね。どちらも「はい、わかりました」という対応でした。

前回の記事にコメントをくださった皆様。

ありがとうございました。

申し訳ありませんが、この記事にて、お礼と返事とさせていただきます。

P.S.
あとは野となれ山となれ。年明けまで、家族みんなでゆっくりと過ごします

ケンタ