シングルパパの育児と絵本とクラウドと

シングルパパ10年以上の経験に基づいたちょっとした育児と家事やガジェットノウハウで日々の生活に潤いを

*

本日の西日本新聞。

   

この記事の所要時間: 336

毎週土曜日の西日本新聞に連続のシングルパパシリーズで掲載されている
【大きな手小さな手 シングルパパ奮闘記】
今週は前回、僕の日記でも紹介させていただいた松尾さんです。
今朝、新聞を買って読みました。
http://nishinippon.co.jp/nnp/lifestyle/topics/20100306/20100306_0001.shtml
来月、ファザーリングジャパンの九州支部を立ち上げることで
僕の記事も掲載されています。
$シングルファザーの公式ブログ:子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパのカミングアウト!
【大きな手小さな手 シングルパパ奮闘記】
<4>育児 「父親」であることとは
2010年03月06日 14:31
 長崎市の24時間保育所「トントン」。お迎えに来たお父さんは「こらー」と子どもを追いかけ、子どもはうれしそうに逃げ回る。そんな姿を見るにつけ、所長の松尾伸也さん(36)は「お父さんたちは自然に子どもと同じ目線になれる」という気がする。
 松尾さんはシングルパパ。「困っている親子を助けたい」と3年前、トントンを開設した。手元に子どもを置いて仕事ができる、という利点もあった。
 離婚して2人の兄妹、隼人君(11)とせなちゃん(5)の3人暮らしになったのは4年前。保育所に預けながら建設会社に勤めていたが、どうしても午後7時のお迎えに間に合わないことがある。保育士に嫌な顔をされるたびに、ストレスがたまっていった。
 急いで帰宅したものの、夕食が午後9時になったことがあった。1歳だったせなちゃんが泣き叫ぶのにいらいらして、一生懸命なだめる隼人君に「うるさい」と怒鳴ってしまった。完全な八つ当たり。最低な父親。やっとできたおかずに隼人君は笑った。「お父さん、おいしかばい。ありがとう」。自分は最高の息子と娘に恵まれているのに。父親として絶対に2人を幸せにする、と涙をぬぐった。
 松尾さんにとって、「父親」は怖い存在だった。造船会社でボイラーを作っていた父は寡黙で、遊んだ記憶もあまりない。お菓子やラーメンを食べさせてくれた記憶があるくらいだ。
 そんな父の知らない一面に触れたのはつい最近だった。松尾さんが4歳で心臓手術をしたとき、血液が足りずに同僚や友人を探し回ったことを、母から聞いた。食べ物をくれたのも、自分が子どものころ食べ物に困っていたからだ、と。父親なりの愛情をいま自分が子育てをして理解できる。
 ある日、テレビを見ていたら、ポケットがたくさん付いたベストを「イクメンにぴったり」と紹介していた。最近、耳にするイクメンとは「育児するかっこいい父親」のこと。「何ば言いおっとや」と違和感がある。子どもが大好きで子どもに体当たりする。それでいいんじゃないのか。
 シングルパパの宮原礼智さん(38)=福岡市博多区=は4月、父親3人でNPO法人「ファザーリング・ジャパン」(東京)の九州支部を設立する。同法人は「ファザーリング」を「父親であることを楽しむこと」とし、講座や「パパ検定」などに取り組んでいる。
 いまや仕事と3人の子育てをこなす宮原さんも「子どもとの接し方が分からなかった」という。家族のために稼いでくればいい。自分の父親もそうだった。それも一つの生き方。しかし、子どもたちと接するうちに、父親であることが幸せだと感じるようになった。
 自分たちの活動を、父親たちが育児にかかわるきっかけにしてほしい。ただ、中小企業が多い九州と、育児支援に前向きな大企業が集中する東京とは状況が異なる。「九州男児」と言われるように、男性の気質も多少違うだろう。「この地域で何ができるか考えていきたい」。父親たちが育児に「参加」するのではなく、当事者になるように。
 (酒匂純子)
    ×      ×
 ●父親の育児支援の動き
 少子化や共働き家庭の増加を背景に、父親の育児支援の動きは高まっている。2005年には男性の育休取得を後押しする次世代育成支援対策推進法(次世代法)が全面施行。06年にはNPO法人ファザーリング・ジャパン(東京)が発足。07年には官民挙げて「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」と行動指針が策定され、社会全体で取り組んでいくことが確認された。
    ×      ×
=2010/03/06付 西日本新聞朝刊=
P.S.
次回の特集では、ふしぼしねっとのイベントを取り上げて貰う予定です。

Related Articles:

ブログを書いてる人 宮原礼智(みやはら あやとも)

プロフィールはこちら

子育て・絵本・ワークショップ・Evernote・ScanSnapなど各種イベントの講師をやっております。

宮原礼智への連絡・お問い合わせはコチラまで

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

 - シングルパパの日々の生きザマ

  関連記事

今度会ったら、ガン見してやる!
おしゃれな部屋づくりをしたいあなたへピッタリのSNSとアプリ。
(DIY)たった700円で自宅に枯山水庭園を作ってみた。わびさび感がハンパない。
価値観。
本を出します!
テレビ出演しました。
テーブルクロスやランチョンマットで簡単おしゃれな朝ごはんに様変わり。
no image
日々の哲学
DIY ジャーと黒板塗料を使ってコーヒー豆やおつまみ保存、管理をする。
小学校卒業式。シングルパパが娘のためにやってあげられること。