シングルパパの育児と絵本とクラウドと

シングルパパ10年以上の経験に基づいたちょっとした育児と家事やガジェットノウハウで日々の生活に潤いを

*

ルンバがもたらす驚くべき4つの効果

   

この記事の所要時間: 651

アイロボット(iRobot)ルンバ(roomba)530


20140506081240

先日、友人から引越し祝いでルンバを頂きました。

使い始めて約1ヶ月ほどですが、もうルンバ無しでは生活できないほどになったので

大いにルンバを礼賛します。

ルンバには数種類あります。

Roomba500シリーズ

Roomba600シリーズ

Roomba700シリーズ

Roomba800シリーズ

それぞれ、機能が違ってきます。

自動で充電する機能、いつも決めた時間に動き出すスケジュール機能、リモコン付きのモデル、取っ手がついてるモデルなどです。

僕が使ってるのはルンバ500シリーズの530という機種です。

最小限の機能がついたモデルで、自動充電機能がついてるだけです。

でも、毎朝家を出る時にボタンをポンと押して出かけるのでスケジュール機能は必要ありません。

リモコンも同じ理由で必要なし

そんなに持ち運びするものではないので取っ手なんかも必要ありません。

なので、このルンバ530で充分なのです。

Roombaの使い方


基本的にルンバを動かすには床の上を片付けることになります。

床の上に物があるようでは動き回れません。掃除ができません。

そういう理由から

ルンバがあると床に物を置かなくなる

のです。

これがルンバを持つ最大のメリットではないでしょうか。

どうしても床に置かなければならない時にはバーチャルウォールというものを置いてそのエリアだけはルンバが入らないようにすることが出来ます。

我が家ではリビングを走らせるセッティングとして、テーブルの上に椅子をひっくり返して走らせます。

20140417122701

椅子の足の間はルンバは通れないのです。

こうしておけばテーブルの足の周りはクルクル回りながら一本一本丁寧に掃除してくれます。

ルンバのゴミ除去率は99.1%だそうです。

うん、使ってみてそれはよくわかります。

おそらく、残りの0.9%は部屋の隅っこでしょうね。

ルンバは円形のため、角が弱いのです。

この角の部分をチャチャッと100均のホウキなどでゴミを掻きだしておけばルンバがきれいにしてくれます。

これで、ほぼ100%でしょう。

ルンバには前方右側に3本のブラシがついており、これがクルクル回りながらゴミを自分の前方へかき出していきます。

20140506081616

自分の前方にゴミを持ってくることによって、取り込みやすくするのです。

まるでルンバの触覚のようです。

フローリングはホコリが目立ちますよね。

このルンバがあれば、朝、スイッチを押して出かけて

家に帰ってきた時はスッキリきれいになってるのです。素敵です。



部屋に何も置かなくなる


先ほど、ルンバがあると床に物を置かなくなると書きましたが、これが進んでいくと

今度は部屋に何も置かなくなるのです。

ルンバに全体を綺麗にしてほしいから、縦横無尽に走り回ってほしいから

部屋に何も置かなくなるのです。

20140327063733

我が家の和室はおかげでなにもありません。

ものはすべて押入れ、寝る時は畳の上に布団を敷いて、起きたらたたんで押入れに入れます。

引っ越し断捨離とルンバのおかげです。

家具をすべて浮かせる


どうしても置かなければならない家具類もあります。

そういう場合はどうすればいいのか。

家具をすべて浮かせるのです。

ルンバは12センチの隙間があれば、その中まで入り掃除してくれます。

家具を12センチ浮かせればその下に潜り込んでくれるのです。

我が家はリビングにスチールラックを設置して12センチ持ち上げてます。

20140506080625

その浮かせた場所にルンバのホームベース(充電ステーション)を置いて普段は見えないようにしてます。

20140506080620

20140506081031

台所もスチールラックを使ってできるだけルンバが掃除してくれる範囲を広げてます。

20140506080752

ゴミ入れもスチールラックにS字フックをつけて上からぶら下げる形にして床から浮かせてます。

ルンバのおかげでここまで徹底できるのです。

ルンバ電気代が安い!


ルンバを一回1時間ほど動かす電気代は1円だそうです。

普通は部屋中掃除機をかけるのに1時間も使いません。

ルンバは徹底的に1時間かけて部屋中を回ってくれます。

子どもにお小遣い100円払ってもここまで掃除はしてくれないでしょう。

一ヶ月間、毎日ルンバを動かしても30円の電気代なのです。

部屋と部屋の間の段差も乗り越える


ルンバは1センチ程度の段差はラクラクと乗り越えて邁進します。

充電池の持ちや家の広さにもよりますが

各部屋のドアを開けとけば、全部屋を回ってくれるのです。

我が家はそんなに広くないので、廊下も含めて全部屋を掃除してくれます。

もちろん、畳やフローリングやカーペットも関係なく動きまわってくれます。

ゴミ捨てもらくらく


ルンバが掃除を終えたあとですが、ルンバには紙パックなどはありません。

後部にダストボックスがあり、ボタンひとつで外れて、ゴミ袋の中で外したボックスをちゃちゃっと振ればまとまったホコリを簡単に捨てられます。

毎日動かしてるならば、そんなにホコリはたまらないので一週間に一度くらいボックスを外して捨てるくらいでちょうどいいと思います。

ペットがいる家庭は頻繁に外す必要があると思います。

突然の来客にも困らない


このようにルンバを毎日のように動かしてると部屋は散らかりようが無くなるのです。

いつも掃除が行き届いているので突然の来客にも困らず家の中へ通すことが出来ます。

去年まで我が家は子どもの家庭訪問の前日が大掃除の日となってましたが

今回は全く家庭訪問の準備などせずに先生を招き入れることが出来ました。

これもルンバ効果ですね。

ルンバの効果


我が家にルンバがやってきたことでさまざまな効果が出てきました。

それをあげてみます。

1)空間のゆとりを感じることができるようになる。


ルンバの動線を確保するためにアチコチにものを置かなくなることによって空間的なゆとりが持てるようになります。

ちょっと気になるものがあるとスグに片付けたくなります。

2)こまめに掃除をするようになる


ルンバを毎日動かすことによって床が綺麗になると、ホコリ一つ見つけるとクイックルワイパーを持ってきてササッと掃除してしまいます。

テーブルの上、棚の上のホコリも気になって、ふきんで拭くようになります。

3)ムダに買い物をしないようになった。


買物をするときに、本当に必要かを考えるようになり、ムダなものを買うと単にゴミを増やすことになるとかんがえるようになります。

ムダなものを買わないようになります。

4)料理が楽しくなる


部屋全体がスッキリすると当然キッチン周りも綺麗にしたくなります。

調理器具なども機能的に整理するようになります。

そうなると料理も楽しくなってくるのです。

ここまで書いて、ルンバの効果ってのは断捨離の効果に似てるなと思うわけです。

ルンバで断捨離。

この相乗効果はメリット高いのではないでしょうか。

ぜひ、ルンバを使ってみてください。

生活が激変しますよ。

 

ルンバについておまけ


ルンバは高い段差は察知するプログラムによって落ちないようになってます。

でも、たまにドジを踏むことがあります。

ルンバを動かして、出かけて家に帰ってくると

玄関でハマって動けなくなり、そのまま帰宅した僕を出迎えてくれることがあります。

10153981 854818921211214 8286613087174250696 n
そこもルンバのかわいいとこだなんて思わせてしまうんですよね。

 

iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ ホワイト 537J
by カエレバ

iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 770
by カエレバ

Related Articles:

ブログを書いてる人 宮原礼智(みやはら あやとも)

プロフィールはこちら

子育て・絵本・ワークショップ・Evernote・ScanSnapなど各種イベントの講師をやっております。

宮原礼智への連絡・お問い合わせはコチラまで

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

 - ガジェット, シングルパパの日々の生きザマ, 雑記帳 , ,

  関連記事

no image
シングルパパ、語る!
真面目なエロネタ。
まだ部屋にゴミ箱を置いてるの?置かない生活のシングルパパ。
MacBook Airの画面汚れ、キーボードのあとがクッキリの付いて嫌な時はKOKUYOのCamiAppがいい。
北九州に「こどもと母のとしょかん」という男女共同参画という言葉を一切無視した図書館がある。
「がんばろう九州」に違和感を感じる福岡在住シングルパパ
シングルパパになって料理を覚えた。子どものために食事の用意をすることを学んだ。
no image
ダイヤモンドオンラインの父子家庭記事に載りました。
娘にみそ汁の豆腐を切ってもらいたいシングルパパ。はい、豆腐カッターがありますよ。
娘のオムツがなかなかとれない。シングルパパブログ