シングルパパの育児と絵本とクラウドと

シングルパパ10年以上の経験に基づいたちょっとした育児と家事やガジェットノウハウで日々の生活に潤いを

*

「イク〇〇」という言葉を使い、国は大人にまでゆとり教育をしようとしてるのではないか。

   

この記事の所要時間: 41

1200人を前に講演を


どうも、シングルパパです。

昨日、福岡市民会館にて福岡県母子寡婦福祉連合さんによる九州大会の特別講演をやらせていただきました。

福岡市民会館といえば、僕がまだ学生だった頃はいろんなアイドルからアーティストまでがライブをやってた大きなホールです。


そこのステージで特別講演をやらせていただくというのはとても光栄です。

会場入りしてすぐにステージでMacとプロジェクターの設定をし終え控え室に通されました。


「特別講演 宮原礼智様」

この張り紙が緊張感をマックスにさせてくれます。

始まる前に何度もトイレに…。

そして、講演開始の時間に。



「イクメン」という言葉が大嫌い


イクメンという言葉が世の中に出始めてから僕は

一貫して「アンチイクメン」の立場を貫いています。

積極的に子育てをする男性をなんと呼ぶか?

そう会場に聞くと客席の前の方から声が聞こえます。

「イクメン、イクメン!」

まるでドリフの「志村ー!うしろうしろー!」のように聞こえてきます。

違います。

子育てをする男性のことは

「父親」と呼ぶのです。

「子育てをしない男性は父親ではない。」

ただ、それだけのことです。


「宮原さんはイクメンですね」とよく言われますが

僕は決してイクメンではありません。

「シングルファザー」なんです。

僕のほかにうちの子を育ててくれる人がいなかったから僕が育てたのです。

子育てをやっていくうちに3人の子が大きくなっていく過程を眼の前で見ていくことに楽しみを覚えたのです。


イクボスという言葉まで


ついでに最近は「イクボス」なんて言葉も出だしました。

    イクボス」とは
    男性の従業員や部下の育児参加に理解のある経営者や上司のことです。 子育てに積極的に関わる男性をイクメンと呼ぶのに倣い、そのイクメンを職場で支援するために、部下の育児休業取得を促すなど、仕事と育児を両立しやすい環境の整備に努めるリーダーをイクボスと呼びます。


へー。

ま、いいや。

言葉狩りをするつもりはないので。

世の中にこんな上司は少ないのかな?

少ないから「イクボス」なんて言葉を作って大々的にやっちゃうんだろうね。

「イクボス」なんてならずに、部下から信頼されるリーダーであってほしいと思います。


大人のゆとり教育推進


シングルファザーを長いことやってると、母親の立場、父親の立場など関係なく「子育てをしている人の立場」になってものを考えるようになります。

育児休業なんて取らなくたって子育ては存分に出来るはずです。

育児休業なんて取らずにここまで18年間父親をやってきました。

12年間3人の子どもを1人で育ててきました。

育児休業なんて甘っちょろいわ!

国は大人たちにまでゆとり教育を始めたんじゃなかろーか。

全力で子育てをして、全力で金を稼げよ。

公務員や一流企業のサラリーマンはそれなりにお金もらってるんだから、お国のため、会社のために働きなさい。

それをやりながら、家族のためにも頑張りなさい。

育児休暇なんて取れない、中小企業のサラリーマンもたくさんいます。

育児休暇なんて言葉も知らずに子育て、仕事を1人でやってる人たちも世の中にたくさんいるのだから。

ゆとり教育の若者たちに文句を言うなら、育児休暇なんて取らずに仕事も家庭も両立させてみなさいな。

ひとり親は自己責任


「ひとり親は自己責任」と言われることもあります。

その通りです。

相手と離婚しようが死別だろうが自己責任です。

だから、その人たちは責任を通してます。

その責任から逃げたりする人はごく一部です。

もうイク〇〇なんてやめようや。


権利ばかり主張せずに義務も全うする。

家庭において父親の義務を全うする。

家庭人としての義務を全うする。

会社でも会社員としての義務を全うする。

社会人としての義務を全うする。

「会社が休みをくれないから、家庭で過ごせない。」

そんなことを言う奴は

会社を辞めたって家庭で過ごさないよ。

「子どもがいるから、ちゃんと仕事ができない。」

そんなこと言う奴は

子どもがいなくたって、ちゃんと仕事をしないよ。

ではまた。

Related Articles:

ブログを書いてる人 宮原礼智(みやはら あやとも)

プロフィールはこちら

子育て・絵本・ワークショップ・Evernote・ScanSnapなど各種イベントの講師をやっております。

宮原礼智への連絡・お問い合わせはコチラまで

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

 - 雑記帳 , ,

  関連記事

娘が遠足なので、恒例の絵本弁当を作った。
no image
パパのお仕事について
この記事の所要時間: 129

パパってお仕事何やってるの?ってよく聞かれます。

平日の昼間に保育園から連絡があると、すぐお迎えに行くし、小学校の授業参観や懇談会にも

顔を出しますからね~。

通常の共働きのお母さんよりも子供と接している時間は長いのではないでしょうか?

SOHOの仕事と言っても、たくさんありますが、僕は医療機関相手の営業マンでもあり、インターネットで商売していたり、イベントや販売促進の企画屋でもあります。

どれも、今はネットを使った仕事がメインになっています。

というか、ネットじゃないと子供の面倒を見れないのです。

ネットで問い合わせや注文、見積もりを受け、商品を手配したり、企画書作ったりしてます。

当時は車に乗ってあちこち営業もしていましたが、シングルパパになって、外に出ない営業マンとして
思い切って仕事のスタイルを変えました。

自分自身追いつめられないと、やろうとしない性格なので、それはそれでなんとかやっていけてます。

インターネットで商売をするにあたって、ネットショップのカリスマであるザクロ屋の田中社長に師事して現在ネット通販のノウハウを学んでいます。

今日の午前中はその師匠と一緒に粕屋にある佐川急便物流センターに見学に行きました。

ザクロ屋はそこに商品流通をまかせ、自分はネットでの受注作業だけに専念できるのです。

すごいですよね。

通常はネットで注文をうけて、商品の梱包や発送手配、伝票入力など一連の作業まで全部自分でやったりしているところが多いのですが、人気ショップはやっぱり違いますね・・・。

近い将来自分もこんな風になりたいと具体的な目標を立てることが出来た日になりました。

P.S 今のうちにパパと仲良くなってると、いいことがあるかもね(⌒-⌒)

おしゃれな部屋づくりをしたいあなたへピッタリのSNSとアプリ。
no image
プレミアム化
話題の「ヨーグリーナ&天然水」を本気で自分で作ってみたところ…。
おしゃれな木のバターケースがあるだけで、朝のパンが5倍美味しく食べられる。
庶民のごはん処「やよい軒」のお代わりシステムについて思うシングルパパ
飲んで、つまんで、ダイエット
no image
共和リサーチというところから架空請求メールがきた。
シングルパパがイクメンをディスるとブログのアクセスが上がる。