シングルパパの育児と絵本とクラウドと

シングルパパ10年以上の経験に基づいたちょっとした育児と家事やガジェットノウハウで日々の生活に潤いを

*

文章を書くということ。

   

この記事の所要時間: 237


小学生の時に文章で金賞をとった


ただ文章を書きたいだけのシングルパパです。

小学生の夏休みの宿題である本の読書感想文を書いた。

その本の「あとがき」を丸パクリした。

もちろんそのあとがきは大人が書いてるので意味がわからない部分がある、難しい言い回しがある。

そこは辞書を引きながら、ところどころ小学生の言い回しに書き直した。

夏休みが終わり、学校が始まってしばらく経った日の帰りの会。

僕はクラスのみんなの前に呼ばれて、先生から褒められた。

提出した読書感想文が金賞を取ったのだ。



パクりから始まった。


なんてこった。パンナコッタ。

いつかバレるかもしれない。

バレたらどうしよう。

丸パクリだっただなんて正直に言いだせずに金賞受賞を喜んだふりをした。

東京オリンピックのロゴを作った某デザイナーはこんな気持ちじゃなかったのだろうか。

某デザイナーのニュースを見るたびにあの読書感想文を思い出してた。

僕はパクり金賞を受けて以来、ちゃんと自分の言葉で文章を書くようにした。

金賞に見合った文章を書ける人間にならなきゃいけなかった。

学校の図書室でたくさん本を借り、ノートにその都度感想文を書いてた。

それは今でも変わらない。

本を読むたびにEvernoteに読書メモをつけてる。

本を読み、文章を書く。

いつのまにかそれが大好きになってた。

文章を書くことが全く苦ではなくなってた。

小学生からやってたことが、ブログにつながった。

文章を書いていろんな人に読んでもらう。

自分の子育てをたくさんの人に知ってもらう。

知らないことは、コメントで教えてもらう。

楽しくて楽しくて仕方なかった。

それが新聞の連載コラムにつながった。

始まりはパクりだった。


パクりはいけない。

たまに僕のブログの文章をパクられたりする。

嫌な気分になるもんね。

あの頃の小学生の自分が僕の子どもだったら、なんて言うだろう。

「パクったことは正直に話せ」と言うだろう。

でも、大人の言い回しを子ども言葉に書き換えたことは褒めてあげたい。

僕は文章を書くときには小学生にもわかる文章を心がけてる。

自分の子どもが読んでもわかるように書く。

難しい言葉や専門用語は使わない。

自分の言葉で話すように書く。

僕の文章を面白いと言ってくれる人がいる。

僕はその人を思い浮かべながら書く。

その人だけに向けて書く。

ひとりに絞って書けば、多くに伝わる。

たくさんの人に向けて書けば、誰も理解してくれなくなる。

今までの経験でそれを学んだ。

文章とはそんなもんだ。

うまい文章はいらない。

伝える文章はいらない。

伝わる文章を心がける。

そして、今日もブログを書くのです。

ではまた。

Related Articles:

ブログを書いてる人 宮原礼智(みやはら あやとも)

プロフィールはこちら

子育て・絵本・ワークショップ・Evernote・ScanSnapなど各種イベントの講師をやっております。

宮原礼智への連絡・お問い合わせはコチラまで

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

 - 雑記帳

  関連記事

シングルパパの女子力アップの秘密。
iPhone6Sの通知センターがTouch IDにすると一瞬で消えてしまい使いにくいので、パスコード入力に戻してみた。
「がんばろう九州」に違和感を感じる福岡在住シングルパパ
オッサンのためのスマホアイテム。それがomoidori。シングルパパブログ
遠足のご報告
この記事の所要時間: 250

今日は朝4時半に起きました。

子供の保育園の遠足だったのです。

前回よりも4人分なので、作る量も単純に4倍なのです。

さて、今回のお弁当です。

子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパのカミングアウト!

おいしそうでしょ?

作ったはいいけど、持って行くのにもこの弁当は重い・・・

で、できあがった弁当と荷物をリュックに詰め込みいざ保育園へ

やっぱり・・・

普段はお母さんばかりの保育園ですが、今日ばかりはお父さんもたくさん来てます。

クラス全員が揃いバスに乗り込み動物園へ出発!!

行きのバスは正直覚えてません。寝てました。

ついたと同時に長男に起こされ、動物園に入園した途端

「それでは解散しますので1時45分にまたこちらに集まってくださ~い!」

え!?

そんだけ?先生やクラスのみんなと一緒に回るんじゃないの?

送り迎えだけであとは、ほったらかし???

まぢ・・・・?

それからどうなったかというと・・・。

子供3人が3人別々に行動したがり、「ヘビが見たい!ぞうさんが見たい!ホッキョクグマが見たい!」

フラミンゴのコーナーで次男が行方不明・・・。

長男に娘を見てもらい、その場から離れないように言い聞かせ、パパは周辺の捜索・・・。

やばい!いない! 

時間をかけて、長男と娘までいなくなっては大変と、フラミンゴコーナーへ戻った途端

「○○保育園の○○○○君のお父さん○○君が正面ゲート案内所でお待ちです!」

と、場内アナウンスが!

安心したと言うよりも、恥ずかしさの方が先に出ました。

娘を抱え、長男と一目散に正面ゲートへ!

向かっている間に6回も同じアナウンスが・・・・

顔から火が出そうです。

案内所に行くと次男と保育園の先生が2人・・・。

「場内放送を聞いてびっくりして来ましたよ」と、先生。

「すみません、お恥ずかしい・・・」とパパ

次男は「お父さんどこにいっとったと?」だと。。。。

パパはフラミンゴコーナーにずっといましたよ!

君がパパ達から離れていったんだよ。

と、次男を無事引き取り、案内所を出るとそこには

「ベビーカーレンタルあります 210円」の文字が。

「早く言えよ~!」と声には出さずその場でレンタル。

娘をベビーカーにのせ、長男にベビーカーの操作をまかせ、パパは放浪癖がある次男と手をつなぎ

また園内へ、どっと疲れたところで、昼食。

少し残りましたが、喜んで今回のメインイベント パパの弁当を食べてくれました。

「おなかいっぱい!」子供達のこの一言が、今まで重いリュックを背負って歩き回り、走り回った

疲れを吹っ飛ばしてくれました。

そして昼食が終わり、最後の最後に一番の人気コーナー サル山へ

ここで記念にパチリ

子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパのカミングアウト!

集合時間になり、正面ゲートに行くと、恐れていたことが現実に!

まず、先生達が「放送聞いてびっくりしましたよ!」

クラスメイトのお母さん達が「良かったですね~」

次男のクラスメイトが「○○君迷子になったっちゃろ~?」

会う人、会う子みんなが言ってきます。

「すみませ~ん。お恥ずかし~」頭をかくパパ。

バスの中でも、保育園についても、言われ続け・・・。

疲れた!今日は本当に疲れました!

晩ご飯は弁当の残り。

風呂に入り、とっとと子供達は寝てくれました。

パパも今からビール飲んでバタンキューです。おやすみなさい・・・・。

P.S はぐれて泣いている次男を案内所に連れて行ってくれた親切な方、ありがとうございました。

家事タスク学 概論
結婚しました。壁ドンから始まりました。シングルパパじゃなくなりました。今日はイノベーションの日です。
(DIY)脇役だったしょぼいテーブルをリメイクして一気に部屋の主役にする。
天津飯と炒飯をフュージョンしてみた。
シングルパパにとっての母の日
この記事の所要時間: 056

子供が早く寝てくれたので、今日は久々にゆっくりビールを飲みながらパソコンに向かってます。

連休からずっと怒濤のように忙しく、ブログのことすら忘れていました

先日は母の日でしたね。

次男とはぁ~ちゃんの保育園では、お母さんへのプレゼントを用意したようです。

保育園に行くと、次男の教室の壁には、みんなが描いたお母さんの絵が貼り出されていました。

次男はどんな絵を描いてるのかとドキドキしながら探していると・・・ありました!

子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパのカミングアウト!

次男が描いた絵です。

先生が言うには「僕はお母さんがいないから、お父さんの絵を描く!」と言ったそうです。

涙があふれてきました。

娘は折り紙で作ったペンダント。

「これは愛ちゃんにあげる」
(愛ちゃんとはパパの妹です)

娘も2歳なりにいろんなことがわかってるコメントでした。

妹もうれしそうに受け取ってくれました。

次男の描いてくれた絵は、今パパの仕事部屋の壁、一番の特等席に貼ってあります。

P.S 愛する子供達、ごめんね。ありがとう。パパにとって一生忘れられない母の日になったよ。