シングルパパの育児と絵本とクラウドと

シングルパパ10年以上の経験に基づいたちょっとした育児と家事やガジェットノウハウで日々の生活に潤いを

*

アイデアたまごのそだてかた を読むシングルパパ

   

この記事の所要時間: 139


なにか、いいことをおもいついたとき、きみなら、どうする?


このアイデア、人に話したらなんて言われるだろう。

思いついたことを思いついたまま話しても「いいね!」って本当に言ってくれる人なんてなかなかいない。

僕もそんな経験をたくさんしてきました。

どうも、シングルパパです。



せかいをかえるためさ!


ある日、小さなアイデアのたまごが生まれます。

自分でもなぜこのたまごが生まれてきたのかわからない。

ほっておいてもどんどんそのたまごは大きくなっていく。

人に見せると…。

そう、周りはろくなことは言わない。

世の中そんなものです。

でも、そのたまごはものすごい可能性を持ってる。

大事に大事に育てていけば、きっと。

そんな絵本です。

子どもに読んでも、ちんぷんかんぷんかもしれない。

でも、これは読んであげていいんじゃないかな。

大人になるにつれ、この絵本の意味がどんどんわかってくる。

いつかその子にもアイデアたまごが生まれる日が来る。

その時にそのたまごとどう向き合うか?

「あ!あの絵本の話があったな!」

そう思い出す時がくる。

僕はいま、この本を読んで過去の経験をたくさん思い出した。

アイデアを出してもボツになったことはたくさんある。

周りがアイデアを否定しても、ひとりでやってみて大きな成果を上げた経験も。

最初は小さなたまごでも、育てていくうちに、経験を積んでいくうちにどんどん大きくなっていく。

また今日もいい絵本と巡り会えた。

この本も読み聞かせであげよう。

読んであげた人が、せかいをかえるようなたまごを生み出すことを願いながら。

シングルパパランキングへ

Related Articles:

ブログを書いてる人 宮原礼智(みやはら あやとも)

プロフィールはこちら

子育て・絵本・ワークショップ・Evernote・ScanSnapなど各種イベントの講師をやっております。

宮原礼智への連絡・お問い合わせはコチラまで

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

 - 雑記帳 ,

  関連記事

タニタの体組成計をiPhoneのヘルスケアアプリに対応させるアプリが出たのよ!
かまぼこ板の再利用法を考える。
パパも子供もデカレンジャーが大好きです。
iPhoneで緊急地震速報の設定は絶対必要!いま一度確認をして欲しい。と思うシングルパパ
100均のアボカドカッターを買ったー!簡単に切れてすげぇ便利。
新製品、グランデサイズのBRUNOが出たぞ!買いたいけど悩むシングルパパ。
no image
プレミアム化
「イク〇〇」という言葉を使い、国は大人にまでゆとり教育をしようとしてるのではないか。
遠足のご報告
この記事の所要時間: 250

今日は朝4時半に起きました。

子供の保育園の遠足だったのです。

前回よりも4人分なので、作る量も単純に4倍なのです。

さて、今回のお弁当です。

子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパのカミングアウト!

おいしそうでしょ?

作ったはいいけど、持って行くのにもこの弁当は重い・・・

で、できあがった弁当と荷物をリュックに詰め込みいざ保育園へ

やっぱり・・・

普段はお母さんばかりの保育園ですが、今日ばかりはお父さんもたくさん来てます。

クラス全員が揃いバスに乗り込み動物園へ出発!!

行きのバスは正直覚えてません。寝てました。

ついたと同時に長男に起こされ、動物園に入園した途端

「それでは解散しますので1時45分にまたこちらに集まってくださ~い!」

え!?

そんだけ?先生やクラスのみんなと一緒に回るんじゃないの?

送り迎えだけであとは、ほったらかし???

まぢ・・・・?

それからどうなったかというと・・・。

子供3人が3人別々に行動したがり、「ヘビが見たい!ぞうさんが見たい!ホッキョクグマが見たい!」

フラミンゴのコーナーで次男が行方不明・・・。

長男に娘を見てもらい、その場から離れないように言い聞かせ、パパは周辺の捜索・・・。

やばい!いない! 

時間をかけて、長男と娘までいなくなっては大変と、フラミンゴコーナーへ戻った途端

「○○保育園の○○○○君のお父さん○○君が正面ゲート案内所でお待ちです!」

と、場内アナウンスが!

安心したと言うよりも、恥ずかしさの方が先に出ました。

娘を抱え、長男と一目散に正面ゲートへ!

向かっている間に6回も同じアナウンスが・・・・

顔から火が出そうです。

案内所に行くと次男と保育園の先生が2人・・・。

「場内放送を聞いてびっくりして来ましたよ」と、先生。

「すみません、お恥ずかしい・・・」とパパ

次男は「お父さんどこにいっとったと?」だと。。。。

パパはフラミンゴコーナーにずっといましたよ!

君がパパ達から離れていったんだよ。

と、次男を無事引き取り、案内所を出るとそこには

「ベビーカーレンタルあります 210円」の文字が。

「早く言えよ~!」と声には出さずその場でレンタル。

娘をベビーカーにのせ、長男にベビーカーの操作をまかせ、パパは放浪癖がある次男と手をつなぎ

また園内へ、どっと疲れたところで、昼食。

少し残りましたが、喜んで今回のメインイベント パパの弁当を食べてくれました。

「おなかいっぱい!」子供達のこの一言が、今まで重いリュックを背負って歩き回り、走り回った

疲れを吹っ飛ばしてくれました。

そして昼食が終わり、最後の最後に一番の人気コーナー サル山へ

ここで記念にパチリ

子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパのカミングアウト!

集合時間になり、正面ゲートに行くと、恐れていたことが現実に!

まず、先生達が「放送聞いてびっくりしましたよ!」

クラスメイトのお母さん達が「良かったですね~」

次男のクラスメイトが「○○君迷子になったっちゃろ~?」

会う人、会う子みんなが言ってきます。

「すみませ~ん。お恥ずかし~」頭をかくパパ。

バスの中でも、保育園についても、言われ続け・・・。

疲れた!今日は本当に疲れました!

晩ご飯は弁当の残り。

風呂に入り、とっとと子供達は寝てくれました。

パパも今からビール飲んでバタンキューです。おやすみなさい・・・・。

P.S はぐれて泣いている次男を案内所に連れて行ってくれた親切な方、ありがとうございました。

南から南へ