シングルパパの育児と絵本とクラウドと

シングルパパ10年以上の経験に基づいたちょっとした育児と家事やガジェットノウハウで日々の生活に潤いを

*

デトックスウォーターってのにものすごく興味が湧いてきたシングルパパです。

   

この記事の所要時間: 227


いや、もうおっさんだからさぁ。


最近、若者たちに囲まれて仕事をしているシングルパパです。

Macを使って仕事をしてるんですが、若者たちはMacが使えないんですね。

今の時点では僕の方が仕事のリーチがあるのですが、しばらくしたら若者たちもMacが使えるようになる。

それからは若者たちに仕事のスキルなんかも抜かれていくのかななんて思うわけです。

そこでブログ書く。



若者たちに負けてられん!ナルゲンじゃ。


あるテレビを見てたら、デトックスウォーターってのがいいって言ってたんです。

フルーツや野菜を入れて軽くフレーバーをつけた水を1日に3リットル飲めば、体の中の汚れた水分を体外に排出して若返りが期待出来ると。

若者たちに対抗するには、自分が体の中と外から若返らなくてはいけない!

なんて思うのです。

(おっさんになるとマジで思うよ)

40年以上生きてきたら、知識では負けないのですが体力的にも見た目的にも勝てなくなってきます。

そこはジタバタしたいのです。

若者からフットサルに誘われたりするのです。

いまフットサルなんてやったら、若者からフットサルではなく吹っ飛ばされるになるわけです。

ヤバい、そんなことになったらちょーかっこ悪いおっさんです。

そこで、デトックスウォーターを取り入れようかなと。

水を1日3リットル飲む。

人間の6割ほどは水分です。1日に人間は水を2リットルほど濁らせてしまう。

だから、常に綺麗な水を取り入れることによって細胞から綺麗に水分を入れ替えるといいってことらしい。

続けていると5歳は若返るそうです。

いま5歳若返ったら、まだまだ30代に戻れるのです。

このまま何もしなければアラフィフに突入してしまいます。

何もしないより、前へすすめ!

そんなわけでデトックスウォーター。

とりあえず、レモンとキュウリを入れたデトックスウォーターを持ってチビチビと飲むことにしました。

でもね、やっぱりやるならおしゃれなボトルに入れたいやん?

中身が見えるボトル。

「おっさんでもこんなに垢抜けた飲み物を飲んでるんだぜ!」とドヤ顔してみたい。

周りは引くかもしれない…。

いいんです。

おっさんは頑張るのです。

セリアで買った100円のボトルに入れたのです。

でも、容量が500ミリリットル。

これじゃ1日に3リットルはいけない。

午前中だけで終わってしまう。

だから、ポチリました!

大容量のおしゃれなボトル。


限定カラーのピンクってのがあった!

これ買った!

多分、プライム会員なので翌日には届きます。

届いたら、早速デトックスウォーターを作ってレポートしますわ。

ではまた。

Related Articles:

ブログを書いてる人 宮原礼智(みやはら あやとも)

プロフィールはこちら

子育て・絵本・ワークショップ・Evernote・ScanSnapなど各種イベントの講師をやっております。

宮原礼智への連絡・お問い合わせはコチラまで

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

 - 雑記帳 , ,

  関連記事

マーケティングで感動した、とってもお得なウエストカード戦略。
雑餉隈(ざっしょのくま)ランチ探訪
クックパッドが好きです。でも楽天レシピのほうがも~っと好きです。
SNSで手っ取り早くイクメンアピールする5つの方法。
SNSのハッシュタグ  #シングルマザー  #シングルママ について。シングルパパブログ
男前インテリア。おうちカフェバーで飲むお酒が一番美味しい!DIY バーカウンター
シングルパパだから不幸だって?そんなことないよ。むしろ、逆。
南から南へ
no image
パパのお仕事について
この記事の所要時間: 129

パパってお仕事何やってるの?ってよく聞かれます。

平日の昼間に保育園から連絡があると、すぐお迎えに行くし、小学校の授業参観や懇談会にも

顔を出しますからね~。

通常の共働きのお母さんよりも子供と接している時間は長いのではないでしょうか?

SOHOの仕事と言っても、たくさんありますが、僕は医療機関相手の営業マンでもあり、インターネットで商売していたり、イベントや販売促進の企画屋でもあります。

どれも、今はネットを使った仕事がメインになっています。

というか、ネットじゃないと子供の面倒を見れないのです。

ネットで問い合わせや注文、見積もりを受け、商品を手配したり、企画書作ったりしてます。

当時は車に乗ってあちこち営業もしていましたが、シングルパパになって、外に出ない営業マンとして
思い切って仕事のスタイルを変えました。

自分自身追いつめられないと、やろうとしない性格なので、それはそれでなんとかやっていけてます。

インターネットで商売をするにあたって、ネットショップのカリスマであるザクロ屋の田中社長に師事して現在ネット通販のノウハウを学んでいます。

今日の午前中はその師匠と一緒に粕屋にある佐川急便物流センターに見学に行きました。

ザクロ屋はそこに商品流通をまかせ、自分はネットでの受注作業だけに専念できるのです。

すごいですよね。

通常はネットで注文をうけて、商品の梱包や発送手配、伝票入力など一連の作業まで全部自分でやったりしているところが多いのですが、人気ショップはやっぱり違いますね・・・。

近い将来自分もこんな風になりたいと具体的な目標を立てることが出来た日になりました。

P.S 今のうちにパパと仲良くなってると、いいことがあるかもね(⌒-⌒)

庶民のごはん処「やよい軒」のお代わりシステムについて思うシングルパパ