シングルパパの育児と絵本とクラウドと

シングルパパ10年以上の経験に基づいたちょっとした育児と家事やガジェットノウハウで日々の生活に潤いを

*

シングルパパになって料理を覚えた。子どものために食事の用意をすることを学んだ。

   

この記事の所要時間: 211


「おいしい」のために


シングルパパになるまで大した料理を作ったことがなかったシングルパパです。

前回のエントリーがかなりの反響だったのでシリーズ化します。

ま、連続ではなく飛び飛びで書いていきますね。

とりあえず、2本目でブログ書く。



誰が作るの?おれでしょ。


シングルパパは料理も他に誰も作る人がいないから自分で作るしかありません。

自分が食欲が無かろうが、お腹いっぱいだろうが、子どもがお腹を空かせていれば作って食べさせなければなりません。

シングルパパになりたてなんて料理のレパートリーなんか全然ないのよ。

電熱式の鍋に魚や肉や野菜、豆腐を入れて、しょう油と味噌を入れてグツグツ煮る。

そう、レパートリーが無いから毎日、鍋。

来る日もくる日も鍋、鍋、鍋。

寒い冬も、うだるような暑い夏も鍋、鍋、鍋。

翌朝は残った鍋の出汁にごはんを入れて卵を落として雑炊の朝ごはん。

夏に鍋をやることに子どもが違和感を口にするようになったとです。

思い切って、別の料理にチャレンジすることにしたのよ。

そんなの1日や2日で美味しい料理なんて出来るわけないやん。

子どもたちは「美味しい」って言ってくれない。

「マズい!」とまで言われる始末。

思い返してみたら、鍋やってる間も美味しいなんて一言も言ってくれたことがなかったのよね。

うまく出来るように何日も練習したある日。

長男が「うまい、これ!」それを聞いた弟、妹が「本当やん、美味しい!」と言ってくれたわけです。

その一言に涙が出ました。

「おいしい」大したことない一言です。

でも、子どもたちに「おいしい!」と言ってほしくて1人で本を読んだり、ネットで調べたりで修行してきたわけです。

努力が報われた瞬間でした。

それからも「ねぇ、どう?おいしい?」なんて僕からは聞きません。

美味しかったら、自然と言ってくれるはず。

そう思って作ってきました。

たまに言ってくれる「おいしい」は僕にとってご褒美です。

子どもの「おいしい」のためにパパは、めしを作る。


そんな日々のパパめしはInstagramにアップしてますので、よかったらフォローしてくださいね。

子どものために、子どもの「おいしい」とために僕は料理を作ることを学びました。

ではまた。

この本オススメ↓


Related Articles:

ブログを書いてる人 宮原礼智(みやはら あやとも)

プロフィールはこちら

子育て・絵本・ワークショップ・Evernote・ScanSnapなど各種イベントの講師をやっております。

宮原礼智への連絡・お問い合わせはコチラまで

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

 - 雑記帳 , , , ,

  関連記事

アレが凄くなるという「酢玉ねぎ」を作ってみたシングルパパ。
遠足のご報告
この記事の所要時間: 250

今日は朝4時半に起きました。

子供の保育園の遠足だったのです。

前回よりも4人分なので、作る量も単純に4倍なのです。

さて、今回のお弁当です。

子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパのカミングアウト!

おいしそうでしょ?

作ったはいいけど、持って行くのにもこの弁当は重い・・・

で、できあがった弁当と荷物をリュックに詰め込みいざ保育園へ

やっぱり・・・

普段はお母さんばかりの保育園ですが、今日ばかりはお父さんもたくさん来てます。

クラス全員が揃いバスに乗り込み動物園へ出発!!

行きのバスは正直覚えてません。寝てました。

ついたと同時に長男に起こされ、動物園に入園した途端

「それでは解散しますので1時45分にまたこちらに集まってくださ~い!」

え!?

そんだけ?先生やクラスのみんなと一緒に回るんじゃないの?

送り迎えだけであとは、ほったらかし???

まぢ・・・・?

それからどうなったかというと・・・。

子供3人が3人別々に行動したがり、「ヘビが見たい!ぞうさんが見たい!ホッキョクグマが見たい!」

フラミンゴのコーナーで次男が行方不明・・・。

長男に娘を見てもらい、その場から離れないように言い聞かせ、パパは周辺の捜索・・・。

やばい!いない! 

時間をかけて、長男と娘までいなくなっては大変と、フラミンゴコーナーへ戻った途端

「○○保育園の○○○○君のお父さん○○君が正面ゲート案内所でお待ちです!」

と、場内アナウンスが!

安心したと言うよりも、恥ずかしさの方が先に出ました。

娘を抱え、長男と一目散に正面ゲートへ!

向かっている間に6回も同じアナウンスが・・・・

顔から火が出そうです。

案内所に行くと次男と保育園の先生が2人・・・。

「場内放送を聞いてびっくりして来ましたよ」と、先生。

「すみません、お恥ずかしい・・・」とパパ

次男は「お父さんどこにいっとったと?」だと。。。。

パパはフラミンゴコーナーにずっといましたよ!

君がパパ達から離れていったんだよ。

と、次男を無事引き取り、案内所を出るとそこには

「ベビーカーレンタルあります 210円」の文字が。

「早く言えよ~!」と声には出さずその場でレンタル。

娘をベビーカーにのせ、長男にベビーカーの操作をまかせ、パパは放浪癖がある次男と手をつなぎ

また園内へ、どっと疲れたところで、昼食。

少し残りましたが、喜んで今回のメインイベント パパの弁当を食べてくれました。

「おなかいっぱい!」子供達のこの一言が、今まで重いリュックを背負って歩き回り、走り回った

疲れを吹っ飛ばしてくれました。

そして昼食が終わり、最後の最後に一番の人気コーナー サル山へ

ここで記念にパチリ

子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパのカミングアウト!

集合時間になり、正面ゲートに行くと、恐れていたことが現実に!

まず、先生達が「放送聞いてびっくりしましたよ!」

クラスメイトのお母さん達が「良かったですね~」

次男のクラスメイトが「○○君迷子になったっちゃろ~?」

会う人、会う子みんなが言ってきます。

「すみませ~ん。お恥ずかし~」頭をかくパパ。

バスの中でも、保育園についても、言われ続け・・・。

疲れた!今日は本当に疲れました!

晩ご飯は弁当の残り。

風呂に入り、とっとと子供達は寝てくれました。

パパも今からビール飲んでバタンキューです。おやすみなさい・・・・。

P.S はぐれて泣いている次男を案内所に連れて行ってくれた親切な方、ありがとうございました。

マーケティングで感動した、とってもお得なウエストカード戦略。
精神的に落ち着くためにやること3つ。
iPhoneで緊急地震速報の設定は絶対必要!いま一度確認をして欲しい。と思うシングルパパ
 #Omoidori という新ガジェットが気になるシングルパパ
SNSのハッシュタグ  #シングルマザー  #シングルママ について。シングルパパブログ
たむけんと紗理奈が付き合ってたとは・・・。
フライングタイガーの目玉シールが超可愛いから、貼りまくるシングルパパ。
シングルパパだから筑後市で講演会をやります。