シングルパパの育児と絵本とクラウドと

シングルパパ10年以上の経験に基づいたちょっとした育児と家事やガジェットノウハウで日々の生活に潤いを

*

シングルパパになって料理を覚えた。子どものために食事の用意をすることを学んだ。

   

この記事の所要時間: 211


「おいしい」のために


シングルパパになるまで大した料理を作ったことがなかったシングルパパです。

前回のエントリーがかなりの反響だったのでシリーズ化します。

ま、連続ではなく飛び飛びで書いていきますね。

とりあえず、2本目でブログ書く。



誰が作るの?おれでしょ。


シングルパパは料理も他に誰も作る人がいないから自分で作るしかありません。

自分が食欲が無かろうが、お腹いっぱいだろうが、子どもがお腹を空かせていれば作って食べさせなければなりません。

シングルパパになりたてなんて料理のレパートリーなんか全然ないのよ。

電熱式の鍋に魚や肉や野菜、豆腐を入れて、しょう油と味噌を入れてグツグツ煮る。

そう、レパートリーが無いから毎日、鍋。

来る日もくる日も鍋、鍋、鍋。

寒い冬も、うだるような暑い夏も鍋、鍋、鍋。

翌朝は残った鍋の出汁にごはんを入れて卵を落として雑炊の朝ごはん。

夏に鍋をやることに子どもが違和感を口にするようになったとです。

思い切って、別の料理にチャレンジすることにしたのよ。

そんなの1日や2日で美味しい料理なんて出来るわけないやん。

子どもたちは「美味しい」って言ってくれない。

「マズい!」とまで言われる始末。

思い返してみたら、鍋やってる間も美味しいなんて一言も言ってくれたことがなかったのよね。

うまく出来るように何日も練習したある日。

長男が「うまい、これ!」それを聞いた弟、妹が「本当やん、美味しい!」と言ってくれたわけです。

その一言に涙が出ました。

「おいしい」大したことない一言です。

でも、子どもたちに「おいしい!」と言ってほしくて1人で本を読んだり、ネットで調べたりで修行してきたわけです。

努力が報われた瞬間でした。

それからも「ねぇ、どう?おいしい?」なんて僕からは聞きません。

美味しかったら、自然と言ってくれるはず。

そう思って作ってきました。

たまに言ってくれる「おいしい」は僕にとってご褒美です。

子どもの「おいしい」のためにパパは、めしを作る。


そんな日々のパパめしはInstagramにアップしてますので、よかったらフォローしてくださいね。

子どものために、子どもの「おいしい」とために僕は料理を作ることを学びました。

ではまた。

この本オススメ↓


Related Articles:

ブログを書いてる人 宮原礼智(みやはら あやとも)

プロフィールはこちら

子育て・絵本・ワークショップ・Evernote・ScanSnapなど各種イベントの講師をやっております。

宮原礼智への連絡・お問い合わせはコチラまで

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

 - 雑記帳 , , , ,

  関連記事

11116870_636329863163769_1879019413_n
男前インテリア。おうちカフェバーで飲むお酒が一番美味しい!DIY バーカウンター
今まで書いてきたブログがすべてぶっ飛んだ。
thumbnail.jpg
シングルパパだから筑後市で講演会をやります。
thumbnail.jpg
iPhoneで浮気相手からのLINEやメッセージなどの着信通知を簡単にオンオフ切り替えする方法。
thumbnail.jpg
プレゼンテーションは官能小説と絵本から学ぶ。シングルパパブログ
ウエストカード___お客様に喜びと感動を_-_ウエスト-2.jpg
マーケティングで感動した、とってもお得なウエストカード戦略。
no image
パパのお仕事について
この記事の所要時間: 129

パパってお仕事何やってるの?ってよく聞かれます。

平日の昼間に保育園から連絡があると、すぐお迎えに行くし、小学校の授業参観や懇談会にも

顔を出しますからね~。

通常の共働きのお母さんよりも子供と接している時間は長いのではないでしょうか?

SOHOの仕事と言っても、たくさんありますが、僕は医療機関相手の営業マンでもあり、インターネットで商売していたり、イベントや販売促進の企画屋でもあります。

どれも、今はネットを使った仕事がメインになっています。

というか、ネットじゃないと子供の面倒を見れないのです。

ネットで問い合わせや注文、見積もりを受け、商品を手配したり、企画書作ったりしてます。

当時は車に乗ってあちこち営業もしていましたが、シングルパパになって、外に出ない営業マンとして
思い切って仕事のスタイルを変えました。

自分自身追いつめられないと、やろうとしない性格なので、それはそれでなんとかやっていけてます。

インターネットで商売をするにあたって、ネットショップのカリスマであるザクロ屋の田中社長に師事して現在ネット通販のノウハウを学んでいます。

今日の午前中はその師匠と一緒に粕屋にある佐川急便物流センターに見学に行きました。

ザクロ屋はそこに商品流通をまかせ、自分はネットでの受注作業だけに専念できるのです。

すごいですよね。

通常はネットで注文をうけて、商品の梱包や発送手配、伝票入力など一連の作業まで全部自分でやったりしているところが多いのですが、人気ショップはやっぱり違いますね・・・。

近い将来自分もこんな風になりたいと具体的な目標を立てることが出来た日になりました。

P.S 今のうちにパパと仲良くなってると、いいことがあるかもね(⌒-⌒)

二度寝ならず。
20140522181322
クックパッドが好きです。でも楽天レシピのほうがも~っと好きです。
thumbnail.jpg
部屋の照明はLEDよりEdisonBulb(エジソンバルブ)の方が断然かっこいい!