シングルパパの育児と絵本とクラウドと

シングルパパ10年以上の経験に基づいたちょっとした育児と家事やガジェットノウハウで日々の生活に潤いを

*

シングルパパになって料理を覚えた。子どものために食事の用意をすることを学んだ。

   

この記事の所要時間: 211


「おいしい」のために


シングルパパになるまで大した料理を作ったことがなかったシングルパパです。

前回のエントリーがかなりの反響だったのでシリーズ化します。

ま、連続ではなく飛び飛びで書いていきますね。

とりあえず、2本目でブログ書く。



誰が作るの?おれでしょ。


シングルパパは料理も他に誰も作る人がいないから自分で作るしかありません。

自分が食欲が無かろうが、お腹いっぱいだろうが、子どもがお腹を空かせていれば作って食べさせなければなりません。

シングルパパになりたてなんて料理のレパートリーなんか全然ないのよ。

電熱式の鍋に魚や肉や野菜、豆腐を入れて、しょう油と味噌を入れてグツグツ煮る。

そう、レパートリーが無いから毎日、鍋。

来る日もくる日も鍋、鍋、鍋。

寒い冬も、うだるような暑い夏も鍋、鍋、鍋。

翌朝は残った鍋の出汁にごはんを入れて卵を落として雑炊の朝ごはん。

夏に鍋をやることに子どもが違和感を口にするようになったとです。

思い切って、別の料理にチャレンジすることにしたのよ。

そんなの1日や2日で美味しい料理なんて出来るわけないやん。

子どもたちは「美味しい」って言ってくれない。

「マズい!」とまで言われる始末。

思い返してみたら、鍋やってる間も美味しいなんて一言も言ってくれたことがなかったのよね。

うまく出来るように何日も練習したある日。

長男が「うまい、これ!」それを聞いた弟、妹が「本当やん、美味しい!」と言ってくれたわけです。

その一言に涙が出ました。

「おいしい」大したことない一言です。

でも、子どもたちに「おいしい!」と言ってほしくて1人で本を読んだり、ネットで調べたりで修行してきたわけです。

努力が報われた瞬間でした。

それからも「ねぇ、どう?おいしい?」なんて僕からは聞きません。

美味しかったら、自然と言ってくれるはず。

そう思って作ってきました。

たまに言ってくれる「おいしい」は僕にとってご褒美です。

子どもの「おいしい」のためにパパは、めしを作る。


そんな日々のパパめしはInstagramにアップしてますので、よかったらフォローしてくださいね。

子どものために、子どもの「おいしい」とために僕は料理を作ることを学びました。

ではまた。

この本オススメ↓


Related Articles:

ブログを書いてる人 宮原礼智(みやはら あやとも)

プロフィールはこちら

子育て・絵本・ワークショップ・Evernote・ScanSnapなど各種イベントの講師をやっております。

宮原礼智への連絡・お問い合わせはコチラまで

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

 - 雑記帳 , , , ,

  関連記事

 #HHKB キーボードを使いやすくするシングルパパ
Instagramのアイコンが変わってるけど馴染めるかな?シングルパパブログ
「がんばろう九州」に違和感を感じる福岡在住シングルパパ
Evernoteアンバサダーですが、Evernoteは全然使ってません。シングルパパブログ。
実用新案出願中?絵本のようになる名刺。
no image
プレミアム化
読売新聞に掲載されました。
娘のオムツがなかなかとれない。シングルパパブログ
Vapeのおかげで完全禁煙二か月に突入。
シングルパパにとっての母の日
この記事の所要時間: 056

子供が早く寝てくれたので、今日は久々にゆっくりビールを飲みながらパソコンに向かってます。

連休からずっと怒濤のように忙しく、ブログのことすら忘れていました

先日は母の日でしたね。

次男とはぁ~ちゃんの保育園では、お母さんへのプレゼントを用意したようです。

保育園に行くと、次男の教室の壁には、みんなが描いたお母さんの絵が貼り出されていました。

次男はどんな絵を描いてるのかとドキドキしながら探していると・・・ありました!

子供3人 壮絶、悶絶 シングルパパのカミングアウト!

次男が描いた絵です。

先生が言うには「僕はお母さんがいないから、お父さんの絵を描く!」と言ったそうです。

涙があふれてきました。

娘は折り紙で作ったペンダント。

「これは愛ちゃんにあげる」
(愛ちゃんとはパパの妹です)

娘も2歳なりにいろんなことがわかってるコメントでした。

妹もうれしそうに受け取ってくれました。

次男の描いてくれた絵は、今パパの仕事部屋の壁、一番の特等席に貼ってあります。

P.S 愛する子供達、ごめんね。ありがとう。パパにとって一生忘れられない母の日になったよ。