シングルパパの育児と絵本とクラウドと

シングルパパ10年以上の経験に基づいたちょっとした育児と家事やガジェットノウハウで日々の生活に潤いを

*

(DIY)手で一文字づつ切らなくても、簡単にかっこいいステンシルシートが作れちゃいます。ブラザー スキャンカット ScanNCut CM110

   

この記事の所要時間: 425

20150517145831

まるで呼吸をするように簡単にステンシルシートが作れる!


どうも、休日はやっぱりDIY。シングルパパです。

木を使っていろいろ作ってますが、作ったものにかっこいい文字を入れたくなることがあるんです。

これまではステンシルスタンプなどで文字を入れてました。

DIYにちょいとプラスでおしゃれになるグッズ「ステンシルスタンプ」を紹介してみる。 | シングルパパの育児と絵本とクラウドと

これはこれでカッコイイんですけど、文字の大きさがワンパターンだし1個1個スタンプを押していくのが面倒だったり・・・。

そこで、自分で自由にIllustratorを使ってステンシルを作れないだろうか?

あ、ありました。

今回、DIYが今までよりももっと楽しくなる画期的なマシーンをご紹介したいと思います。



ブラザー スキャンカット ScanNCut CM110でステンシルを作る


この画期的なマシーン!





これがすごかとですよ。

カッティングシートも作れるし、ステンシルシートも作れるんです。

では、早速作ってみましょう。

まずはIllustratorでデザインを作る


はいIllustratorを使います。

今回は偉大なるブルース・リー師匠のありがたいお言葉で作ります。

Don’t think.Feel! (考えるな。感じろ!)

いい言葉だなぁ。

 

全画面 2015 05 17 14 15
Illustratorでステンシルフォントを使ってデザインします。

出来たら文字はアウトライン化します。

全画面 2015 05 17 14 15
ファイル形式をSVGにして保存します。

保存したものをscanncutcanvasのサイトでアップロードしてスキャンカットで使える形式に変換しダウンロードします。

ここがちょっと面倒なところですが、スタンプ1個1個押すより、カッターを使って一文字一文字切り抜いて行く作業に比べたら全然大したこと無い作業です。

ダウロードしたファイルをUSBメモリに保存してスキャンカット本体にセットします。

うーん・・・。ここはIllustratorから直接プリントアウトしたいところなんですが、我慢しましょう。

これでスキャンカットの準備はOK

次にステンシルシートの準備です。

これは文房具コーナーでよく売ってるクリアファイルを使います。

20150517142103
そ、これで出来ちゃうんです。

手で作るときもこれを使ってましたけどね。

このクリアファイルを切って二枚にします。

20150517142217
この一枚をスキャンカットの専用台紙に貼り付けます。

20150517142814
スキャンカットの専用台紙は全体が粘着質になってるので、ぺたっと貼れるのですが粘着力も段々と弱ってきます。

弱ってくるとカット中にズレたりするので、オススメは台紙の上下をマスキングテープで固定しちゃいましょう!

そうすればズレも心配ありません。

そしていよいよカットです。

台紙をスキャンカットにセットしてスタートボタンを押せば動き出します。

20150517142903
このカットする速度がもう感動的なぐらい速い!!!!

この速度を見れば、もうカッターでチマチマ切る気になれません・・・。

このサイズだと1分ほどでカット終了。

手切りだと1時間ぐらいかかるんじゃないでしょうか。

20150517143109
マスキングテープを剥がして、切りカスをちょいちょいと取ってしまえば完成です。

20150517143522

ステンシルする素材の用意


はい、ステンシルシートが出来上がりました。

つぎにそのステンシルする素材を用意します。

素材なんてなんだっていいわけです。

今回、僕は家にある木の端材にやってみることにします。

ここで毎回登場のブライワックスの出番です。

20150517143915

ブライワックスで木を染めていきます。

20150517144006
この作業も数分で終わります。

綺麗に木目も活かして美しく染まりました。

20150517144840

いよいよステンシル作業!


さ、この板にステンシルしていきましょう。

先ほど作ったステンシルシートを板に貼ります。

この時もズレないようにマスキングテープで固定します。

20150517145210
文字は100均で簡単に手に入るスタンプパッドを使います。

20150517145403
このスタンプパッドでステンシルシートの上からポンポンと色をのせていきます。

20150517145818
文字全体に色をのせたら、シートを剥がして完成です。

20150517145831
どうです?かっこ良くないですかぁ〜!!!!

これで調子に乗っていろんなものにステンシルすることになりました。

例えば、ぼくのMacBook Airを入れるケースに。

20150516154544
ポンポンポンと名前を入れちゃいました。

20150516154652
他にも僕の家のカフェコーナーのマガジンラックにも。

20150516174651
慣れてくると、簡単にどんどん自分のオリジナルステンシルシートが作れるのです。

便利な世の中になったなぁ〜。

ステンシルが大好きな人はぜひ、これ、おすすめですよ!

ではまた。

20150517163814

Related Articles:

ブログを書いてる人 宮原礼智(みやはら あやとも)

プロフィールはこちら

子育て・絵本・ワークショップ・Evernote・ScanSnapなど各種イベントの講師をやっております。

宮原礼智への連絡・お問い合わせはコチラまで

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

 - DIY , , ,

  関連記事

シングルパパだから、壁掛け時計も216円でDIY!
DIYやインテリア好きのシングルパパが家具の聖地「大川」へ行ってきた。
畳の部屋をフローリングにして和室を洋室に変えちゃうシングルパパ。